修練体系

師範修練

武颯塾師範による直接指導 武颯塾大阪支部の看板となる修練。月3回の木曜日の夜は平日の19時30分開始にもかかわらず、 ほぼ毎回大阪支部全ての修練生が出席する。 それぞれの仕事を何とかやりくりしてでも参加してしまうのは、両師範の指導による修練が楽しく、充実したものだから。 この時間における修練生の熱意と向上心は、本部道場にも勝るとも劣らないものだと自負している。

支部修練

大阪支部長による修練 武颯塾大阪支部の基本となる修練。月3回の師範修練を補完すべくスタートする。師範修練の無い木曜日と月3回の土曜日の夜、 そして毎週日曜日の午後と、豊富な修練機会を提供している。師範修練の復習をベースとしながらも、初心者向けの基本的な身体づくりを丁寧に行うことで、修練の理解をしっかりとサポートする。

練気武颯拳

練気武颯拳は、島田明徳宗師範が修練された、古伝陳式太極拳をベースとしています。そしてそこに、中国武術や日本の武道における、様々な技法を組み合わせて作られた総合武術です。

修練の目的

自然の法則に適応した身体運動を学ぶこと。

その結果として、自然な心の状態を知ること。

それが武颯塾大阪支部の修練の目的です。

不必要な緊張や力みグセを取り去り、

脱力による自然なココロとカラダに近づけます。

流体の発想

×

脱力の術技

修練のカタチ

打突・投げ・寝技など、様々な修練を行います。その理由は、様々な切り口から修練をすることで、より効率的に上達できると考えるからです。また、それらを相対でチェックしながら行い、独りよがりの動きになることを防ぎます。

太極拳の修練

太極拳には、「沈肩墜肘」「含胸抜背」などの、「要訣(ようけつ)」があります。これは姿勢や動作についてのポイントを示し、正しく理解して修練を重ねることで、「自然に適応した身体運動」に近づくのです。

脱力の極意

全てに通ず

学べる套路(型)

すべての太極拳の源流ともいえる、古伝陳式太極拳の老化式を学びます。また希望者には、規定套路の一つである、五十六式太極拳も学ぶことが出来ます。